歯科医院選びのポイントについて、詳しく丁寧に解説するサイト『歯科医院の上手な選び方』

●●●歯の状態●●●

【一般歯科】

歯科医院とは実はどこでも同じ内容で治療をしてもらえるわけではなく、歯の治療目的に
よって幾つかの種類に分かれています。
通常の歯の治療を行っているのは一般歯科ですが、一般歯科と呼ばれることや看板は少なく、
なんとか歯科、といったような名称であることが多いです。
虫歯や歯槽膿漏などといったような、多くの人によく見られる歯の治療を受けるときには、
この一般歯科を探して選ぶことになるでしょう。

【小児歯科】

最近は小児歯科という看板を掲げているところも増えてきました。
小児歯科は子供の歯の治療について特別な知識や技術を持っている場合もありますが、特に
資格を持っていない場合もあります。
子供の歯の治療を積極的に受け入れる、というような意味合いが強く、親が歯科医院に子供
を連れて行きやすく、また子供も通いやすい歯科医院であると考えられています。
一般歯科の看板と併記して小児歯科と書かれている場合もあり、その場合には親子で一緒に
歯科治療をすることができます。

【矯正歯科】

矯正歯科は、歯並びが良くないとか歯の生え方が良くないといった場合に歯並びを調整して
しっかりと噛むことができる歯を目指して治療するための歯科医院です。
矯正歯科では歯に矯正装置を付けて理想の歯並びに近づけるという専門的な治療を行う為、
虫歯や歯槽膿漏などの一般的な歯の治療は行っていない場合も多いです。
また、歯の移動だけでは対応できないような歯の変形や骨の異常などを治療する場合には、
口腔外科と呼ばれるところへ行くことになります。
口腔外科では、外科的な治療を行うことで歯の状態を正常な状態にしていくことが目的で、
大学病院などの中や専門的な歯科医院として存在しています。